1. TOP
  2. ダイエットスープ
  3. カレー味ダイエットスープ

カレー味ダイエットスープ

ダイエットスープの基本の作り方での味付けはチキンスープとなっています。
しかし飽きてしまったときにはいろいろな味に替えてみるのもおすすめです。
そんな中で、誰もが大好きなカレー味もおすすめです。
ダイエットスープにはチキンスープを使って味を整え、そこにカレー粉を入れるだけで味わいはガラッと変わります。
カレー粉ではなく、カレールーを使ってしまう人がいますが、カレールーはカロリーも高く、ダイエットスーププログラム中にはおすすめできません。
あくまでもカレー粉を使用するようにしましょう。
そして中に入れる野菜は基本の6種類以外にも、ぴったりの野菜があります。
モロヘイヤを入れるととろみが出るので、カレー味にもピッタリ。
6種類の野菜に含まれているピーマンやセロリも相性が良く美味しく食べられます。
他にもブロッコリーやカリフラワーをいれると満腹感も充分高まります。
カレーは食欲促進効果があり、そろそろダイエットスープに飽きてきた頃におすすめです。
プログラム5日目、6日目は肉や魚が食べられるので、スープにも肉や魚を入れてカレー粉で香り付けするとグーンと美味しくなります。
またプログラム4日目はスキムミルクか低脂肪乳や無脂肪乳を500ml飲めるので、チキンスープ味にスキムミルクなどを入れ、そこにカレー粉をプラスするとミルクカレー系の味わいとなります。
肉がOKな日に鶏肉のぶつ切りをスープに入れ、最後に豆乳を少し入れて、カレー粉を入れるとより濃厚な味わいになります。
タマネギは炒めてから煮込むと甘さが倍増して美味しくなります。
またニンジンも大きめにゴロゴロした状態で入れてみましょう。
ニンジンが苦手なときにはほうれん草でもOKです。
他にもキノコもおすすめですが、特にエリンギなどボリュームもあり是非お試しください。
カレー粉の他にもコショウを多めに入れると、より刺激が強くなり美味しくなります。
またプログラム5日目、6日目には肉を1日350~700gを摂取するルールがありますが、このときに牛タンをダイエットスープに入れて、野菜と一緒にたっぷり煮込むとタンはトロッと柔らかくなりカレー味にもピッタリです。
そろそろ5日目、6日目となるとダイエットスープも飽きてくるので、きっと美味しく食べられるはずです。

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

いつでもどこでもダイエット情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いつでもどこでもダイエット情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
<スポンサーリンク>

ライター紹介 ライター一覧

関連記事

  • 注意すべきこと

  • 海藻とキノコを使ったダイエットスープの作り方

  • 味噌味ダイエットスープ

  • ダイエットスープとサラダについて

  • 6種類の野菜について

  • 基本の作り方