1. TOP
  2. ダイエットスープ
  3. ダイエットスープとサラダについて

ダイエットスープとサラダについて

ダイエットスーププログラムでは野菜を食べて良い日が結構あります。
そこでそんなプログラム中にピッタリの、サラダあるいは温サラダの作り方などをご紹介しましょう。
サラダで注意したいことはマヨネーズなどを使用せず、ドレッシングもできるだけ使用しないことが基本です。
効果を最大に高めたいならオイル系のものは一切使用しないようにします。
そうなると野菜につけるものはポン酢、醤油、塩、コショウ、辛子、ワサビ、トンガラシなどとなります。
それらだけで美味しく食べられるサラダ、温野菜をご紹介したいと思います。
例えば体を温め代謝を高める野菜としてネギや生姜がおすすめです。
そこでネギ焼きの生姜掛けのご紹介です。
オイルを使わずにフライパンで生姜の細切りをサッと炒めてしんなりさせておきます。
炒めることで辛みが低下して食べやすくします。
そして太めのネギを5㎝ぐらいに切り、中まで火が通るまで網焼きをします。
強火では焦げてしまうので、中火~弱火がおすすめです。
焼きやすいように、焼く前にネギに細かい網目を包丁で付けておきます。
焼き上がったらサッと醤油を少量掛け、そこに炒めた生姜をのせて食べましょう。
またこれをサラダ菜やサンチュなどの葉物野菜にくるんで食べると、より美味しく食べられます。
他にもニンジン、カボチャ、キャベツ、茄子、レンコンなどを茹でたり、蒸かしたりして温野菜にして辛子醤油やユズポン酢などで食べるのもおすすめです。
肉が食べられる日には豚の薄切り(脂身の少ないところ)と一緒に野菜と蒸すと、野菜にも肉のエキスが混ざって、どちらも美味しくなります。
肉によってポン酢でもぜんぜん物足りなさはありません。
また普通のサラダには海藻をプラスしたり、タマネギのスライスも是非プラスしたいものです。
タマネギはダイエットスープにも入れますが、生のタマネギ独特の血液サラサラ、代謝アップ効果もあるので是非おすすめです。
オニオンスライスとしてポン酢とのりを振りかけて、ワサビで食べると美味しく食べられます。
少量の鰹節や化学調味料を掛けると、より美味しくなります。
他にも魚が食べられる5日目にはちりめんじゃこなどをサラダにプラスすると、味わい的にも栄養的にもおすすめです。
またドレッシングが使えずに味に飽きてしまったときには、ケチャップ(少量)と洋辛子を混ぜたものを、野菜に付けて食べるとまた味わいが違ってきます。
他にも柚子胡椒なども味の変化に利用できるのではないでしょうか。
意外とポン酢に飽きたときにはめんつゆにしてみるのもおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

いつでもどこでもダイエット情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いつでもどこでもダイエット情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

この人が書いた記事  記事一覧

  • 海藻とキノコを使ったダイエットスープの作り方

  • ダイエットジュースの作り方

  • 開始5日目に食べて良い魚料理の作り方

  • ホワイトスープを作る

関連記事

  • 6種類の野菜について

  • 味噌味ダイエットスープ

  • 注意すべきこと

  • 開始5日目に食べて良い魚料理の作り方

  • ダイエットスープのプログラム

  • 基本の作り方