1. TOP
  2. ダイエットスープ
  3. ホワイトスープを作る

ホワイトスープを作る

ダイエットスープの基本の作り方だけでは、やはり毎日続けているとどうしても飽きてしまいます。
そんなときには、いろいろな味つけや中に入れる野菜を変えてみるのもおすすめです。
とはいってもダイエットスープに入れる基本の野菜は決まっています。
もちろん代用できるものもあるので、それらの野菜を上手に使用してダイエットスープを作りましょう。
基本はチキンスープ味となっていますが、そこに豆乳を入れてみましょう。
またダイエットスーププログラム4日目には、スキムミルク500ml飲むようになっています。
スキムミルクは脱脂粉乳のことですが、低脂肪乳や無脂肪乳でも代用できます。
これらをダイエットスープに入れるとホワイトスープができ、まったく味わいが変化し、飽きたときには嬉しい変化です。
このときには通常の基本野菜の他に、白菜をプラスしてみましょう。
白菜とホワイトスープはとても相性が良いと言われています。
500ml入れるとたっぷり濃厚なホワイトスープを作ることができます。
またホワイトスープとキノコはとても相性が良く、エノキ、シメジ、舞茸など手軽に手に入るキノコがピッタリです。
プログラム4日目のスキムミルクを飲む日だけでなく、他の日にもこのようなホワイトスープが飲みたいと思った場合は、少量の豆乳を利用しましょう。
タマネギを細かく切って飴色になるまで炒めたものを使用すると、甘みが出てとろみも出るのでホワイトスープにはぴったりです。
体がしっかり温まり、代謝アップ効果の高いスープになります。
また腹持ちを良くするために、糸コンニャクを入れても美味しくなります。
ただし糸コンニャクは、先に熱湯でサッとゆでておき、コンニャク独特の臭いをなくすようにしましょう。
緑やオレンジなど白いスープに映えて彩りも良く、目でも楽しめるスープができます。
他にもブロッコリーやカリフラワーはホワイトソースととても相性が良く、満腹感を高めるためにもおすすめです。
プログラム中のダイエットスープには使用できませんが、プログラムが終わった後に野菜スープを食事にプラスするのであれば、ホワイトスープの上にとろけるチーズを少し乗せるだけで、より濃厚になって美味しくなります。

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

いつでもどこでもダイエット情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いつでもどこでもダイエット情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
<スポンサーリンク>

ライター紹介 ライター一覧

関連記事

  • ダイエットスープとサラダについて

  • ダイエットジュースの作り方

  • 意外!?食べてOKの肉類

  • 、満腹感を満たすダイエットスープの作り方

  • キムチを入れて刺激的に

  • 開始5日目に食べて良い魚料理の作り方