1. TOP
  2. ダイエットスープ
  3. 注意すべきこと

注意すべきこと

ダイエットスープ
この記事は約 3 分で読めます。 115 Views

ダイエットスープの作り方は簡単ですが、スープの内容やそれ以外の食事にも厳しいルールがあるので注意が必要となります。
まずスタートする24時間前からアルコールは摂取せず、もちろんダイエットスーププログラム中にはアルコールは飲めません。
また砂糖や甘味料も一切禁止なので、コーヒーなどもブラックで。
当然甘いキャンディーやガムなども一切禁止となります。
もちろんスープ作りでも甘味料や砂糖は入れないことが原則です。
飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒー、プレーン紅茶、100%果汁のジュース(砂糖配合のないもの)。
もちろんルイボスティーなどハーブティーはOKです。
揚げ物や小麦粉の使用も一切禁止なので守るようにしましょう。
スープはたっぷり飲んでOKですが、他の食べ物はルールに従って食べなければなりません。
またプログラムの中には肉が食べられる日があります。
この日は筋肉を落とさないためにも脂肪分の少ない赤身の肉や魚をしっかり取るようにしましょう。
そしてこのプログラムは1週間用のものであり、続けて行うダイエットではありません。
そのため1週間を過ぎても続けてしまうと、栄養不足、筋肉不足へと陥り、今度はリバウンドにもつながるので、1週間で終わらせること。
そしてもう一回トライしたいときには最低でも2日は空けるようにします。
他にも女性の場合、生理前に行わず、基本は生理が終わってから行いましょう。
女性ホルモンの影響で、どうしても脂肪が付きやすい状態の生理前は成功しにくいからです。
またダイエットスープを1週間プログラムに則って行った場合、その後ドカ食いをすると減量した分はすぐに戻ってしまい、それ以上にリバウンドを起こすことにもつながります。
せっかく痩せやすく、燃えやすい体質ができているので、それを保つような食事が必要です。
そのため今までのようなルールは特に守ることはありませんが、野菜スープを上手に取り入れてバランスのよい食べ過ぎない食生活を心掛けましょう。
野菜の豊富なスープを一番最初に食べることで、代謝も上がり、満腹感を早めに感じることができ1日の総摂取量も抑えられます。
その上、日本人が不足していると言われている、野菜不足も改善することができるので健康にもおすすめです。

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

いつでもどこでもダイエット情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いつでもどこでもダイエット情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
<スポンサーリンク>

ライター紹介 ライター一覧

関連記事

  • カレー味ダイエットスープ

  • 開始5日目に食べて良い魚料理の作り方

  • ダイエットジュースの作り方

  • 味噌味ダイエットスープ

  • 基本の作り方

  • キムチを入れて刺激的に