1. TOP
  2. ダイエットスープ
  3. 海藻とキノコを使ったダイエットスープの作り方

海藻とキノコを使ったダイエットスープの作り方

ダイエットスープ
この記事は約 3 分で読めます。 257 Views

ダイエットスープのプログラムが終わってからは、代謝の高い太りにくい体質に改善されているため、上手にその体質を維持することで、プログラム後にも太りにくく、今後のダイエットも成功しやすいと言われています。
そこでダイエットスーププログラムで得た経験として、野菜スープなどを上手に取り入れましょう。
ダイエットスープのように制限をつけずに、気楽に毎日の食事にプラスします。
まず食事の前にスープを食べることで、食事量を自然に減らすことができ、代謝も高まるためダイエット効果が高くなります。
デトックス効果も高いこともダイエットにつながるはずです。
そこで海藻とどっさりキノコダイエットスープをご紹介しましょう。
海藻はダイエット効果も高く、カロリーも低く、ビタミン、ミネラルも豊富です。
そして水溶性食物繊維が豊富に含有しているため、便秘解消にも高い効果があります。
また海藻は水分を吸って膨らむので満腹効果も抜群です。
ただし海藻は取りすぎると甲状腺に負担を与えてしまうので、食べ過ぎは注意が必要となります。
海藻というとやはり一般的に使いやすいのはワカメですが、生ヒジキを入れたり、モズクをスープのできあがりの直前にひとつかみ入れるのもおすすめです。
また海藻と同じように、水溶性食物繊維豊富なキノコもプラスしてみましょう。
キノコダイエットもありますが、海藻と共に満腹感を高める働きもあります。
キノコにはエノキ、椎茸、舞茸、シメジなどは、どこでも手に入りやすいものですが、キノコによって味わいや歯ごたえも違うので、いろいろな種類を入れるとあきずに食べられます。
キノコや海藻に多く含まれている水溶性食物繊維は便秘改善だけでなく、脂肪を絡めて排出するというダイエット効果も期待できるのです。
キノコがちょっと苦手だという人はスープ味より味噌味の方が食べやすいので、海藻とどっさりキノコの味噌スープはいかがでしょう。
味噌だけでなくスープの素と味噌を半々にして作ると、洋風のみそスープとなります。
また最後にユズやレモン汁を数滴入れるだけで、よりキノコが食べやすくなるのでお試しください。
もちろんキノコや海藻だけでなく、他の野菜もたっぷり入れても美味しスープを作りましょう。
毎日の野菜不足、食物繊維不足にも多いに貢献し、太りにくい体質をつくるサポートとしてもおすすめのスープです。

<スポンサーリンク>
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

いつでもどこでもダイエット情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いつでもどこでもダイエット情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
<スポンサーリンク>

ライター紹介 ライター一覧

関連記事

  • 味噌味ダイエットスープ

  • ダイエットスープとは

  • 注意すべきこと

  • カレー味ダイエットスープ

  • 6種類の野菜について

  • 基本の作り方